本文へスキップ

恵比須大神を祭る 明石岩屋神社

七五三詣753 10・11月中受付


岩屋神社 de 七五三詣り

七五三詣とは

 本では古来、年を重ねていくことを非常に重要視し、その節目ごとに神詣でやお祝いをしてきました。これを人生儀礼(通過儀礼)と呼びます。お宮参り・成人・結婚・厄年・還暦など、私たちは一生の中で数々の人生儀礼を通過していきますが、七五三もこの人生儀礼の一つなのです。  
 五三は、古くからの風習である三才の「髪置(かみおき)」、五才の「袴着(はかまぎ)」、七才の「帯解(おびとき)に由来するといわれています。「髪置」は男女児ともに行われた儀式で、この日を境に髪を伸ばし始めました。また、「袴着」は男児がはじめて袴を着ける儀式で、「帯解」は女児がそれまでの幼児用の付紐をやめ、大人の帯を締める儀式です。現在のように、七五三を11月に盛大にお祝いするようになったのは江戸時代からのことで、五代将軍徳川綱吉が息子の徳松の健康を祈願したことから、それが庶民の間にも広まったともいわれています。 


平成28年七五三生まれ年            

 3歳(男女)  5歳(男児)  7歳(女児)
平成26年生
(2014)
平成24年生
(2012)
 平成22年生
(2010)



七五三ご祈祷

 初穂料 5,000円 
   兄弟姉妹 2人  8,000円
        3人 10,000円
 授与品・特典  ご祈祷
+御守・七五三メダル・千歳飴・おもちゃ・お菓子


11月の七五三の時期は、神社がもっとも賑わう時期の一つです
小さな子供達が手を合わせ神詣でする姿を見ると、本当に心が温まります
今年もたくさんの子供達のご参拝をお待ちしております

   七五三 写真 スタジオ
 
 七五三 回廊

  

お問い合わせ


TEL 078-911-3247
                                                      

写真 神社内写真スタジオ完備

きれいな写真で の思い出を残しましょう 
   
   
岩屋神社内に写真スタジオがありますので、祈祷から撮影がスムーズに行えます
 

        お問い合わせは
阿那写真館 七五三 明石 阿那写真室 神社スタジオ

岩屋神社

〒673-0893
兵庫県明石市材木町8-10

TEL 078-911-3247
FAX 078-911-3250