本文へスキップ

恵比須大神を祭る 明石岩屋神社

人物名鑑SPECIAL PERSON     おしゃたか舟を支える人たち

萬治 (まんじ うしお
(前浜六人衆末裔の一人)

岩屋神社ご鎮座に関わる当時の名主の伝統を脈々と受け継ぐ。
現在のおしゃたか舟神事においても重要な所役を担う。
写真は武家直垂に侍烏帽子姿でのおしゃたか舟神事奉仕の姿。
夢は、三世代揃ってのおしゃたか舟神事の奉仕を行うこと。

 おしゃたか 六人衆 
 おしゃたか 奉仕  茅の輪 くぐり 氏子総代 


角田
 (かくた すすむ

(明石元輝人・一級木型技能士・和船模型製作家)

明石生まれの角田氏は、和船の素晴らしさに魅せられ模型を作り始める。県下多くの文化施設に出展。また写真コンテストにおいても毎年数々の賞を受けている。昭和37年(1962年)に岩屋神社におしゃたか舟を奉納以来、奉納、修復に力を注ぐ。 
〈主な経歴〉
明石市文化功労賞(おしゃたか舟製作者・文化財保存者)、明石元輝人(明石ケーブルテレビ)、神戸国際湾岸博物館船舶模型コンクール入賞、淡路くにうみの祭典出品、明石市天文科学館明石海峡の科学展出品、明石市立文化博物館特別企画郷土作家シリーズ和船模型展出品、播磨町郷土資料館特別展「海に生きる」出品、他

 角田 進 和船 神戸新聞 記事 掲載 おしゃたか舟 和船 製作
 おしゃたか舟 明石市指定無形民俗文化財
  平成2年7月 和船模型特別展 於岩屋神社
 和船 展覧会 岩屋神社  和船(古代舟) 角田進
 和船 出買船 明石 展示会 岩屋神社 社務所  宝船 福 船 木造模型

                                   



                         提供明石浦おしゃたか舟保存会 

岩屋神社

〒673-0893
兵庫県明石市材木町8-10

TEL 078-911-3247
FAX 078-911-3250